デジタル技術をビジネスの力に

DX プロジェクトを推進するのは誰か

DX時代は、少なくとも、デジタル技術をこのように活用すべきだ。あるいは、ある分野、ある業務はデジタル化すべきではない。デジタル化するならこうするべきだ。社会の一員として誰もがこういう 意見を言える ようになることが必要です。

より良い社会を築いていくために、すべての人がデジタル技術をどのように活用して行けばよいか、自分の意見を持つことが求められています。そのためには、流行や上辺の知識ではなく、本質的な価値を理解する 必要があります。

デジタル化を考える経営者のためのオンラインセミナー

〜本質な価値を理解する〜

この動画コースを視聴することで

Coach

IT コンサルタント・コーチ

セミナーを担当する 佐藤良晴 と申します。1990年代のパソコン黎明期から変化の激しい IT 業界で30年に渡り、事業を営んで来ました。世界最大のソフトウェア企業から町工場まで、多様なお客様の案件を手がけてきました。現在も、受託開発請負業務から自社企画の事業開発まで、多様な案件に自らの手足と頭を使って取り組んでいます

近年、ますますデジタル化が重要な社会課題となる一方で、デジタル化の混乱・迷走、ピントのずれた IT 投資も散見されるようになりました。こうした状況の中、ITの専門家として、少しでもみなさんのデジタル活用を支援することが出来ないかと考えて、本サービスを企画いたしました。

IT ・デジタルは今後のビジネスにも、より良い社会を構築する上でも、重要な課題です。わたしは30年前に、現代社会が抱える多くの構造に疑問を感じ、首都圏から自然豊かな八ヶ岳南麓に移住して、より良い社会のあり方、働き方を模索してきました。

リモートワークも30年近く実践していることになります。常に最新のIT技術を活用することで、働く場所と時間の制約を軽減し、仕事を効率化するように努力してきました。

地方にいてもより優れた価値を提供できるよう、常に最新のデジタル技術の研究・導入に取り組んできました。

変化の激しいITの世界で、弊社が創業から27年目を迎えることが出来たのは、お客様に恵まれたことが大きいのですが、常に新しい技術の活用に取り組み、最新のIT技術を使いこなす努力を積み重ねる中で、つながってきた縁でもあります。

IT の流行や先端技術への盲目的な追従はよろしくありません。あくまでも人間らしく生きていくために、より良い経営をするために、デジタル技術を使いこなそうという提案です。経営課題や業務特性、企業体質や企業文化に最適なデジタル技術を適合させることが重要です。ぜひ一緒に取り組んでまいりましょう!

ご興味をお持ちいただきましたら、メールマガジンにご登録ください。DX・デジタル化関連の情報、勉強会の案内をお送りさせていただきます。また、DXを考える経営者のためのオンライン動画コース「DXブートキャンプ基礎編」の前半ユニットを無料でご視聴いただけますので、参考にしてください。

動画コースについて

DXブートキャンプ 基礎編

主に経営者・管理者の方を対象に、デジタル技術をビジネスに活用する上で知っておきたい概念、技術、戦略を解説するコースです。ビジネスや事業における本質的な意義を理解し、具体的な事例を知ることで、自社に最適なデジタル化を推進していくことが出来ます。

<<「DXブートキャンプ基礎編」の構成・目次>>

デジタイズ、デジタライズ、デジタル・トランスフォーメーションのデジタル化の3段階について、歴史を俯瞰しながら解説します。
コース全体と、DXの全体像を対応させたオリエンテーションのユニットです。DXを組織全体に適応していくイメージを共有しておきましょう。
本当に必要なITスキルとはどのようなものか。人材と学習・教育という視点から考えます。
変化の速いITの世界では、ITスキルを更新していく必要があります。そのコツとマインドセットをお伝えします。
DX時代はデータとシステムが資産となります。資産価値を高める上で必須の基本的概念、〜構造化・最適化・統合化・自動化〜について解説します。
システムには、〜個別最適と全体最適〜の調整が必要です。最適化の細かな調整は仕様書に頼ることは出来ません。実際に動くプロトタイプ開発が最適化の鍵を握ります。
デジタル化の基本を定着させることも重要です。DX enGene では、デジタル版5S活動として定義しています。
データとシステムを最適化し、価値を生み出すことがDXの目的です。多様な技術とサービスを知り、自社の可能性を考えましょう。

動画コースは、現在のところ「DXブートキャンプ基礎編」のみですが、各種テーマごとの実践編を順次リリースする予定です。

【予定している実践編コース】
顧客管理、ファイル管理、図面管理、コンテンツ管理、設備管理等。

忙しい経営者のデジタル化を支援する〜

デジタル技術をビジネスの力に!

Abou Us

エンウィットではIT・デジタル技術を活用することでお客様の課題を解決するとともに、リモートワーク・テレワークなどの 新しい働き方 を実践しています。 インターネットとITを活用したワークスタイルは、通信白書を始め、多くのメディアでも紹介されました。

掲載メディア】通信白書、田舎暮らし、田舎情報、ASAHIパソコン、LinkClub NewsLetter、SOHO、アントレ、えがお計画等。

エンウィットでは、スマホ・タブレットを活用したシステム、アプリ、クラウドや IoT デバイス開発、3D CAD、デジタル加工機器の活用など、常に 最先端のデジタル技術の活用 に取り組んでいます。システム開発などの多様な BtoB 受託業務から、自社ブランドによるBtoC事業まで多様な案件を自社で手がけているので、実践的かつ実務的なノウハウを蓄積し、アップデートを続けています。

【自社ブランド事業iOS/Android 向けアプリ「野鳥の鳴き声図鑑」、iOS/iPad OS向けアプリ「日本の豆」、デジタル加工技術を活用したグッズ制作「いきもの細密画アートグッズ」等

掲載メディア】Webアプリ開発会社年鑑、SHIFT+LOCAL、EXECUTIVE スゴイ企業、読売新聞「デジ百科」、日経産業新聞、八ヶ岳ジャーナル等。

メッセージ

デジタル化には、明暗、功罪もつきまといます。だからこそ、ベンダーや専門家に丸投げすることなく、経営者 がリーダーシップをとり、デジタル化の主導権を握る ことが重要です。

デジタル技術を道具として使いこなし、事業の成長と、より良い社会を実現する力にしていく必要があります。DX enGene でIT技術者と一緒に考えていきましょう。

DX ブートキャンプ
オンライン動画コース

お名前

株式会社 エンウィット
info@enwit.co.jp